フィットネスに通ってダイエットに挑戦しました

私は子供の時から運動が苦手でした。そのせいか太りやすく、体力もあまりなかったです。社会人になってからもデスクワークをしていて、体をほとんど動かすことはありませんでした。「このままではいけない」と思い、フィットネスに通ってダイエットすることを決意したのです。

通勤しながらでも通えるように、自宅の近くのフィットネススタジオに通うことにしました。最初のうちは体がきついと感じることもありましたが、慣れてくると体をどんどん動かせるようになりました。

筋肉も付いてきて、三ヵ月たったころには体型も引き締まってきました。それまで疲れやすいと感じることが多かったのですが、体を鍛え始めてから疲れを感じにくくなったので、効果はかなりあったと思います。そして、通い始めてから一年ほどで八キロ減量することができました。代謝がよくなったのか、食べても太りにくくなったのも嬉しかったです。

しかし、一年ほどたつと、今度は別のことに悩むようになりました。一つはお金のことです。やはり、健康にはよいとわかっていても、毎月固定費のようにフィットネスにお金がかかってしまうので、他の遊びなどを我慢しなくてはいけないと思ってしまいます。そして、最初は楽しく取り組めていたものの、途中から飽きてしまいました。

今は仕事が忙しくなったこともあり、フィットネスはやめてしまいましたが、また時間に余裕が出てきたらあまりお金のかからないことで何か別の運動を始めたいです。

若気の至り。食事制限ダイエット。

わたしは今は30もだいぶ過ぎていまして、食が細くなってきたように思うのですが、30くらいまでは本当に太りやすかったように思います。一応、そういうのは気にするほうだったため、ダイエットシェイクで無理な食事制限をしました。

あれはまあ体重は落ちることは落ちるんですが、気を抜くとすぐリバウンドしてしまうみたいで、行ったあとも太ったり、また戻ったり、を繰り返していました。ですがハッキリいってダイエット食品はからだにはあまりよくないです。

今になって思うのは、もう今がそうなのですが、和食中心の食生活にしたり、野菜を多めにとったりして、軽く歩いたり、ストレッチなどをして、有酸素運動を生活に取り入れたりしたほうが、絶対からだにいいし、きれいに痩せます。食事と運動です。今、体重計に一年くらい乗っていませんが、周囲から太っていると言われていないです。

わたしの場合は年齢的なものもあるのかも知れないですが、痩せたい痩せたいと若い頃にがむしゃらにがんばると、骨がすかすかになったり、絶対に年をとったらがたがくると思うので、これからちょっと痩せようかなと思っている20代の女性は、ぜひ食事と運動を見直してみてください。

生活の中にそのふたつを意識しているだけでだいぶ変わります。いろいろ、本も出ているし、参考にしてみてください。

痩せたかったら体を動かすしかありません!

学生時代は初めての一人暮らしということもあって浮かれていたのかもしれません。好きなものを食べたいだけ食べてまったく動かない。元々運動することが苦手だった僕は、そんな不摂生な生活を半年間つづけ、ものの見事に肥満体型に!

ある日、健康診断で医者から「君、このままだったら若くして心筋梗塞で倒れるよ」と警告されてしまったのでした。

食事制限といっても料理に疎い僕は何をやっていいか分からない。かといって運動することも苦手。そのまま放置していたら危険だということは分かっていたのに、体が動こうとしないのです。

そんなとき、大学の友人に相談すると、彼は「だったら散歩するしかないね」と言いました。そんなことで痩せるか!とそのときは笑って過ごしたのですが、あとでよくよく考えてみると、特に何もしないよりは断然いいのか、という思いに至り、結局彼の助言どおり散歩を開始。

大学はだいたい午前中で終わるので、アルバイトが始まる夕方まで好きな場所へ乗り物を使わずにひたすら歩いていく。それでも、目的地に行きたいという目標があるので、苦にはなりません。

それから二か月すると、お腹がすっきりしてきたように感じます。友人からも「お、痩せたか?」と見てわかるほど。

体は動かしていますが、特に無理をしているわけでもなく、ひたすら歩く。それだけ。たったそれだけのことで、変化は起こります。無駄に食べないと、意識も変化。大事なのは、続けることなのかもしれません。

太もも痩せの方法を模索中

置き換えダイエットに挑戦し、元の体重から10キロ強痩せる事が出来ました。全体の体重は減っても太ももの肉はブヨブヨで、脚痩せが殆ど出来ないというのが現在の悩みです。

特に内股の辺りの贅肉が酷く、この肉を削ぎ落とせればもっと脚が細くなるのにと思わずに居られません。

実際にダイエット中は、ダイエット食品と一緒に購入したボディのマッサージも出来る美顔器を使用してマッサージも一緒に行っていました。気になる内股部分は他の部分よりも念入りに時間を念入りにマッサージをしていましたが、長年で積み重なった肉は減る事がありません。

痩せる前に着用していたパンツがスッキリ履けるようになったので、多少は変わっているのかもしれませんが、自分の中ではまだ太腿はかなり太く、満足できる結果にはなっていません。

ダイエットを通じて全体の体重を減らす事は出来たので、ここから脚痩せを行う為にはワンポイントで部分やせが出来る方法を探した方が良いのでは無いかと模索している最中です。

体重が減っても、気になる部分の贅肉を削ぎ落とす事は出来ないという事を身をもって体験しました。ダイエットである程度の体重を減らせたらステップアップし、新しい痩せ方を考えて理想の体系を手に入れたいと思います。
その為には色々脚痩せ方法を調べて実践し、理想的な足の細さに持っていきたいです。

脚力アップで脚痩せ効果!

「脚痩せ」…これはおなかのぽっこりぐらい、女性の永遠のテーマです。

かくいう私も、2年ほど前には身長153cm、体重が76kgのおデブ体型でした。
当時の写真を見ると、お腹も脚もぽってんぽってん。見るに耐えない肥満体型です。測るのも恐ろしい太ももの太さ。

それが、離婚を期にぎゅっと体重の減量に成功。脚痩せ、なんてあまり考えずに生活改善でダイエットに成功したのですが、体重が減少すると自然と脚も細くなるようで!

しかしそれでも限界がありました。特に私は元々筋肉質な上に脂肪がついていたので、見た目が固太りだったのです。
筋肉を落として脂肪にかえ、それを落とす、という方法もあるようでしたが、趣味の都合上筋肉を落とすのは憚られ、悩んでいました。

そんなときに教えていただいたのが「脚力アップ」という方法。つまり、脚の大きな筋肉をたくさん使うことで全体のカロリーの消費量を増やす、という方法でした。体の筋肉の中で、もっとも筋量が多いのは脚なんだそうです。つまり、脚の筋肉を使うことで、脚痩せも期待でき、さらにダイエット効果もある、ということ。これなら筋肉を落とさず、さらに代謝もアップできるはず!

しかしジムに通ったり、ジョギングする時間がない…ので考え付いたのは階段!普段エレベーターやエスカレーターを使うところで、階段を利用するように。それだけでも太ももの太さはだいぶ変わりました。今まではぴったりくっついていた太ももにスキマが出来たときには感激!

まずは普段の生活に取り入れてみてください!きっとびっくりしますよ!